美しい、ひたすら美しい 有坂深雪 「もう射精<ダシ>てるってば!!」お姉ちゃんを挑発したらイっても止めない追撃射精10発

先週~今週発売のVRはアタリが多くてどれから紹介したらいいか迷うほど。オススメは一本ずつ記事にしていくつもりですので。

さて、有坂深雪さんの新作はなんと追撃射精10発射モノです。


【VR】「もう射精<ダシ>てるってば!!」お姉ちゃんを挑発したらイっても止めない追撃射精10発 有坂深雪
お美しい……。顔小さい…。細い……。色白い……。うーん、同じ人間、同じ種族とは思えないな。

この動画に関してはもう「有坂さんがひたすら美しい」という感想に尽きます。

VRアダルトの一番の良さって「現実では会話すらできないような美人とSEXできる(した気になれる)」というところにあると、モテからは程遠い「女っ気0%ライフ」満喫中の管理人としては思うわけなんですけど、そんなVRAVの素晴らしさを再確認させてくれました。

また、フェラでもパイズリでもSEXでもじーっと顔を見つめてくれるシーンが多くて実にうれしい。目が合っているっていいね。「美女と見つめ合う本能的な喜び」みたいなものがジワジワと湧き上がってきますね。

男なら誰しも「美人と話しただけで、なんか元気が出た」みたいな経験あるでしょう。このVRはそんな気分を味あわせてくれる上に、エロエロなんですから。

あと、この動画、有坂さんの演技が気だるいというか、ダウナーというか……VRでよくある「エロエロで男を求めてくる」という肉食痴女タイプではなくて、猫が気まぐれに飼い主にじゃれつくように、ダラッとSEXを求められる感じなんですよ。

なので、痴女とM男みたいなシチュを期待すると肩透かしを食らうかもしれない。普通の女優さんだったら、VRにしてはおとなしすぎてイマイチと感じるかもしれない。

けど、この気だるさが上品な美人ぶりとマッチして逆にムードが盛り上がってる気がします。あくまでも上品に、あくまでも美しく。

こんな美女がチ○ポをしゃぶりパイズリしてくれて、カラダを舐めて見つめながら手コキをしてくれたうえ、いろんな体位で連続発射。もちろん、本番ではかなり甘い声を聞かせてくれて大興奮なのでした。やっぱり見つめ合う騎乗位・対面座位・正常位がいいです。

画質も距離感もバッチリ。部屋は明るいですが、色味もまったく自然。初期のボヤボヤ画質時代からVRを見てきた身としては、現実と大差ない画質のナチュラルさには感心してしまいました。

「VRアダルトは画質が悪いからダメだ」なんて言われていたのがほんの2年くらい前ですが、これを見たらもう誰もそんなことを言うヤツはいないでしょう。もはやストリーミングでもサンプル画像とほぼ同等のクオリティです。ただ、有坂さんは画像よりVRのほうが10倍美しいですけども。

やや音声が小さめなので、ボリュームを上げて鑑賞しましょう。